単身赴任の引っ越しは安く済ませられる【費用を抑えて移動する】

作業員

転居の際はサイトを利用

家電

引越し会社を選ぶ際は、比較サイトを利用すると便利です。自分の条件を入力すれば、その条件に合った会社が表示されるからです。そのサイトを通して見積を依頼することができますし、他にも引越しに関する様々な情報を得ることができます。

一人暮らしの引っ越し

女性

単身引っ越しサービス

単身赴任で引っ越しする場合、さまざまな単身引っ越しサービスが利用できます。一人暮らしの人向けの格安サービスがあります。まず、土・日などの休日は引っ越し料金が高くなるため、できれば平日に引っ越しましょう。時間を指定せず、引っ越し業者に任せると、さらに料金は下がります。早期申し込み割引というのは、引っ越し日より早く申し込んだ場合に、料金が割引になるというサービスです。単身赴任の引っ越す日がすでに決まっているなら、できるだけ早く申し込みましょう。また、直接電話するよりインターネットで申し込んだ方が安くなります。また、荷物の量が少ない単身赴任の場合は、「引っ越しボックス」のようなサービスを利用すると、お得な料金で引っ越しできます。

引っ越しボックス

単身引っ越しサービスの中でも、「引っ越しボックス」は格安の料金で荷物を運ぶことのできるサービスです。一般的に単身赴任の人は、運ぶ荷物の量がだいたい決まっているため、ボックスのサイズ以内であれば、単一料金で引っ越しすることができます。引っ越し業者ごとにボックスのサイズは異なりますから、指定のサイズが大きく、料金の安い引っ越し業者を選んだ方がよいでしょう。引っ越しボックスに入れることのできる荷物の例ですが、小型の冷蔵庫に洗濯機、薄型テレビ、電子レンジに掃除機、布団などを入れることができます。すき間ができないように詰め方を工夫すれば、かなりの荷物が詰められますが、家電などに傷がつかないように工夫して詰めましょう。

業者を活用しよう

ファミリー

引越しは業者に頼んでしまった方が楽です。特に、家族で引越しとなると、荷物が多くなります。スムーズに作業するためには、プロに任せてしまった方が効率的です。信頼できる業者に依頼しましょう。見積もりを比較することも大切です。

転居の際の注意点や利点

部屋

引っ越しは節約につながります。費用はかかりますが、それによって家賃などが下がれば節約できるのです。不要品の処分などの良い機会にもなります。大阪のように引っ越し会社が多い街の場合、比較サイトで選ぶことをお勧めします。また、梱包や転居先の立地など、気をつけるべき点はたくさんあるので注意しましょう。